もしも本能寺の変が起こらなかったら ―その時歴史が動いた―
著者:魁男塾 塾長 包茎二郎三郎

包茎TOPへ / 包茎治療TOPへ / ED治療TOPへ

大人のオモチャTOPへ


皆さんは、大きく歴史を動かした事件と言われて何を思い浮かべますか?戦国時代の終盤・・天下分け目の大合戦となった「関ヶ原の戦い」、鎌倉時代・・二度に渡る蒙古及び高麗軍の来襲「元寇」、江戸末期の幕末・・武家政権から天皇中心の政治への大変革である「王政復古の大号令」、そしてあの第二次世界大戦の開戦のきっかけとなった「真珠湾攻撃」・・。いろいろな大事件が思い起こされることでしょう。しかし私は第一に、日本史上最も意表を突いた事件と名高い「本能寺の変」を推薦します。

包茎
包茎


本能寺の変・・その知名度は日本史上1、2を争うほどの有名な事件である。少し遡って、歴史区分で言うと室町時代末期。しかしそこにあるのは“幕府”とは名ばかりの、弱体化した権力者・室町幕府。先の1467年、京都中を焼け野原にした応仁の乱の長期化によって軍事力・財政の弱小化を引き起こし、室町幕府最後の征夷大将軍・足利義昭の頃には既に幕府の権威は地に落ち、家臣が主人を討伐するという主従関係の逆転化現象・下剋上の風潮が吹き荒んでいた。俗に言う戦国時代の幕開けである。本当に実力のある者だけが上へと駆け登れる下剋上の世で特出していた勢力と言えば、まず武家の名門中の名門である武田家、上杉家、足利家の縁戚である名家・今川家、新興勢力である徳川家、そして織田家。その中でも特に織田家の勢力拡大の速さは群を抜いていた。当初の織田家は尾張の片田舎のしがない地方武家でしかなかったが、美濃のマムシと名高い美濃国当主・斉藤道三の娘である濃姫と、織田家当主織田信長の婚姻により織田家の権威は上昇し、更に天才武将・織田信長の斬新な策略と残忍な政略の数々で、物凄いスピードで戦国武将の頂点にまで駆け登って行った。

コスプレ衣装
包茎手術


まず第一に世間を驚かせたのが、名家今川家の当主・今川義元との対戦・桶狭間の戦い。片や将軍家の血を引く名門今川家と新興武士の織田家。勝敗は誰が見ても明確のように思われた。しかし天才策士信長の前例のない奇襲攻撃によって結果は織田軍の圧勝。信長は次々に勝杯を挙げ、戦国最強、武田の騎馬隊と謳われた甲斐の武田家との戦い、長篠の戦いにおいて勝利を収めた。信長は「天下布武」の名の元に、異例のスピードで天下人への階段を駆け上って行ったのである。そして、天下統一まであと一歩、のところでその事件は起こった。

包茎
包茎治療


信長は出兵の準備のために京都に上洛し、本能寺に宿をとっていた。このとき、豊臣秀吉をはじめとする有能な部下たちは中国地方などの政略のため各地に散らばっており、信長の周りには小姓の森蘭丸など最低限の付き人しかいなかった。そこに攻め込んできたのが明智光秀である。羽柴秀吉への援軍加勢を命じられていた光秀は中国地方ではなく、京都へと進軍した。そして本能寺に攻め入り、信長はとうとう炎に包まれる本能寺の中で切腹したのである。

大人の玩具
包茎手術


これにより天下の覇権は豊臣秀吉を経て最終的に徳川家康の許へ委ねられることとなった。家康は徳川幕府を開き、豊臣家との大坂冬の陣・夏の陣に勝利すると名実ともに天下人―征夷大将軍となった。

コスプレ
メイド服


徳川幕府が徹底した鎖国主義を推進していたことは有名な史実だが、これとは反対に、織田信長は諸外国の文化を積極的に取り入れていた。西洋式の鎧を着用し、キリスト教を擁立していた。また騎馬戦が常識であった戦国時代の戦法を覆し、いち早く鉄砲を合戦に取り入れ長篠の戦いで圧勝を収めている。保守派の徳川家とは反対に、常に一歩先を行く、新しい方法で時代を切り開いていく斬新さが彼にはあった。つまり、信長が天下を取り“織田幕府”が誕生していたら、鎖国はせず積極的に欧米文化を取り入れ、最新の技術を意欲的に学ぼうとしたに違いない。現に、徳川幕府が政権を天皇家に返上する大政奉還のきっかけともなった黒船来航のとき、300余年鎖国していた日本とアメリカとの技術の差は歴然としていて、日本の民衆は米国の巨大な黒船に恐れ慄き、諸外国との技術の差に愕然とした。黒船へ発射した日本の砲弾は黒船の位置まで届くことなく海へと沈んで行った、との逸話もある。これはひとえに長年の鎖国のため諸外国の進んだ文化や技術を取り入れることがなかったので、日本の国内だけで技術や産業はそこまで発展するはずもなく、長年のギャップが黒船とともに押し寄せた、というわけである。

メイド服
コスプレ通販


これに対し織田信長が天下を取り開国をしていたら、きっとどんどん外国の文化を取り入れ、日本の技術は飛躍的に上がったのではないか。あくまで個人的な仮説だが、彼の斬新な手法と積極性により、もしかしたら既に江戸時代から洋服文化が広まっていたかもしれないし、キリスト教が国教となっていたかもしれない。今日でこそ日本は先進諸国のメンバーとして名を連ねてはいるが、日本が先進国として扱われるようになったのはここ100年にも満たない。それが、織田信長が政権を握っていたら江戸時代から欧米諸国と肩を並べる先進国となっていたかもしれないし、逆に「出る杭は打たれる」という言葉のように、目立ち過ぎて外国から侵略を受けていたかも知れない。どちらにせよ、本能寺の変があったか無かったかで現在の歴史はガラッと変わっていたことは確かだ。本能寺の変はそれほど重要な歴史の変り目、分岐点であると私は思う。


オトナのおもちゃ
大人の玩具
大人のオモチャ
包茎