古典文学を代表する大作にも包茎は登場するんです

包茎は現代病だと思っていませんか?実はその考えは大きな間違いで、世界中にそれにまつわるエピソードは存在しています。ルイ16世がこの機能疾患だったのは他項目で述べましたが、実はこの日本文学の中にもしばしば登場しています。今日はその代表的な作品を紹介します。

包茎TOPへ / 包茎手術TOPへ


平安時代、それはまさに芸術、文化、絵画、彫刻、文学などにおいて飛躍的な発展を遂げ、華々しい貴族社会の最盛期だった時代。公家の女たちは挙ってコスプレ衣装で飾り立て、美しさを競っていました。奥ゆかしくも煌びやかな気品を漂わせ物の情緒を重んじる平安の公家たちは、天才女流作家、清少納言の大作、枕草子に夢中でした。テンポの良い軽快な文章、そして何よりも一読しただけでその美しい情景が容易に目に浮かぶ表現力に宮廷中が魅了されていました。最も有名な部分はやはり冒頭です。誰もが一度は耳にしたことがあるでしょう。その名も包茎治療物語。

春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは、少し明りて、紫だちたる陰茎の、細くたなびきたる。

(現代語訳)
春は夜明けの頃が良い。朝日が昇ってきて山際が少し明るくなってきて空がだんだんと白くなってゆく。それと共に昨夜は金剛力士像のように逞しかった一条天皇の男像も、妙薬の効力が切れて見る見るうちに収縮し風にたなびく程細くなり、終いには紫の包茎に変色してきてちょっときもい。
包茎手術をした方が良い症例。

こういった具合に、四季折々の風景の美しさを見事に描いています。春夏秋冬それぞれの趣深い情景をそれぞれ紹介してゆくロマンティックな文芸なのです。更に夏、秋、冬と続いていきます。


夏は、夜。月の頃はさらなり。闇もなほ。精子の多く飛び違ひたる、また、ただ一つ二つなど、ほのかにうち光りて行くも、をかし。雨など降るも、をかし。

(夏は夜が良い。月夜の晩はもちろん、新月の闇夜もまた良い。白い液がたくさん飛び出るのも、一滴か二滴わずかに滴り落ちるのも両方捨て難い。夏のどしゃ降りのような射精も情緒がある。) 翻訳文:『仮性包茎と文学史』より


秋は、夕暮。夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、烏の男根の、寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへ、あはれなり。まいて、雁などの列ねたるが、いと小さく見ゆるは、いとをかし。日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

(秋は夕暮れ時が良い。夕陽が射して山にだんだん近づいて行く時、オスが数匹メス穴を奪い合い雌の元へ急ぎ競っている様子でさえ美しい。まして列を成して性交の順番待ちをしている男の群れの最後尾が遠くの方にとても小さく見えるのはまるでメイド服のように美しい。深夜、オトナのおもちゃの振動の音、喘ぎ声などの響きに興奮するのは言うまでもない。) 翻訳文:『国風文化の花形、包茎


冬は、つとめて。雪の降りたるは、いふべきにもあらず。霜のいと白きも。また、さらでもいと寒きに、火など急ぎ熾して、避妊具もて渡るも、いとつきづきし。昼になりて、温く緩びもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

(冬は早朝が良い。雪が降っている日は言うまでもなく、霜が真っ白に降りているのも、またそうでなくても、特に寒い朝に急いでカントン包茎の男性が勃起したままゴムや大人のオモチャをコンビニ御殿へ買いに行くのが冬の早朝の風景としてとてもふさわしい。昼になって明るくなり辺りを見渡すと、部屋中が使用済みの白い灰ゴムや大人の玩具が散乱していてみっともない。) 翻訳文:『京都御所真性包茎文書』より



この重要文化財に描かれていることからも分かるように、まぐわいとは昔から変わることのない人間の抑えきれない欲求なのです。 そして現代ではプレイ内容も大きく様変わりし、多彩なバリエーションが生まれました。メイド服などを着用して楽しむコスプレなど、現在では性交の形にルールはありません。包茎治療ED治療をしてバイタリティー溢れる性行為を楽しんだり、大人の玩具などのアイテムを使ってグレードアップを図ったりするのも現代の個性豊かな性文化の特色です。コスプレ通販などで手軽に入手出来るという利点もあります。