オトナのおもちゃ 革命 名前の由来

Reine de Francais 〜レーヌ・ド・フランス〜
レーヌ・ド・フランスとは、フランス王妃という意味です。まだヴェルサイユ宮殿が華麗に、そして優雅に咲き誇っていた時代、ブルボン朝第5代フランス王ルイ16世の妻・マリーアントワネットは、14歳のとき母国オーストリア王家ハプスブルグ家からフランスに嫁ぎました。マリーアントワネットはまだ見ぬ夫に期待をよせていましたが、夫となるルイ16世の身体的不能のため、二人は結婚後約7年は本当の意味で結ばれていなかったと云われています。欲求と暇を持て余したマリーアントワネットは夜な夜な舞踏会に足を運び贅沢三昧。そのためもともと不安定だったフランス財政は更に傾き、とうとう1789年7月14日、バスティーユ襲撃を皮切りにフランス革命が勃発。国民議会、三部会の招集により絶対王政は崩壊し、ルイとマリーは儚くもギロチン台の露へと消えていったのです。もしその時代、オトナのおもちゃがあれば・・マリーも欲求を満たすことができ、贅沢な遊びばかりしなかったかもしれません。財政が傾くこともなかったかもしれません。そう、これは国政をも左右する人類科学の傑作、文明の利器なのです!そういった思いを込めてこのサイトをReine de Franceと命名しました。

オトナのおもちゃTOPへ





〜役に立つ豆知識!雑学百科〜
大人の玩具が歴史上に初めて登場するのは飛鳥時代で唐(現在の中国)から青銅器として国内に持ち込まれたという記述があります。
包茎サロンには革命の風潮を盛り上げた代表的な啓蒙思想家、モンテスキュー、ルソーなどが集結し国政や大人の玩具の論議を交わしていました。フランス革命以降も社会思想に多大なる影響を及ぼした哲学者、ジャン=ジャック・ルソーはこのときのED治療で、代表作となる著書『社会契約論』を発表しました。それ以後、包茎を治す技術は躍進的に飛躍し民主主義の成長へと繋がりました。
大人のオモチャは日本各地で金精神として祀られ、栃木県の日光と群馬県の片品村の県境では金精峠という地名にもなっています。
メイド服はヨーロッパの階級制度を象徴する使用人の制服です。貴族の館に住み込みで働く侍女は下流・中流の娘が用いられました。
包茎の猛威はヴェルサイユ宮殿にも瞬く間に広まりました。かの偉大なる国王、ルイ15世もこの流行によってその命を落としています。
コスプレ衣装はロリータ風のものが多い傾向があります。ロリータのルーツは18世紀、マリーアントワネットの治世に最盛期を向かえていたロココ朝にあると思われます。貴族のご息女たちは豪華絢爛なドレスに身を包み、日々その派手さや美しさを競い合っていました。
ルイ16世も受けたという包茎手術。18世紀のヨーロッパの医療技術の実態はどの程度だったのでしょうか。現代の最先端医療との比較
日本人の5人に1人が仮性包茎だと言われています。どうやら黄色人種に多く見られる傾向であり身体的特徴のひとつに挙げられます。
実例は少ないものの、一番手強い症状がこの真性包茎です。しかしモンゴロイドは世界一堅いものを持っているという定説もあり、大きさはあっても硬度が落ちる欧米人に比べれば優秀であるという見方も出来、そういった観点でも日本男児の武士道は今も健在ようです。
医療機器が発達した中世〜近世では身体疾患にも対応する産業革命の賜物も発明されました。その希少さはオッドアイ(彩異色症)並み。併発する訳解な合併症の対策方法、フランス王家直伝の包茎治療をお教えします。




Copyright (C) 2008 オトナのおもちゃ革命 All rights reserved.