日本神話 大人の玩具 神話伝説

日本神話 古事記・日本書紀に見る歴史裏話〜創世の神々と国生み〜



大人の玩具TOPへ

日本神話に登場する神々は、わたしたちの想像する、いわゆる人間離れした、神々しいといった印象とは違い、結構生々しく人間臭い特性があるのです。私たち日本国民が現在住んでいる日本列島の誕生の神話的逸話からお話しましょう。

古事記・日本書紀によると、最初の神“神世七代”の最後に生まれてきた伊邪那岐(イザナキ・男神)と伊邪那美(イザナミ・女神)は天つ神たちに国を創ることを命じられる。そして二神は天浮橋に立って天沼矛という棒状の矛でまだ混沌でしかない大地をかき混ぜ島を創造した。二神はこのときできた淤能碁呂島という島に降り立ち結婚し、島々や神々を生み出していくのだが、このときの描写がなんとも生々しいのである。イザナミが「私の体には成長が足りないところが1ヶ所ある」と言うとイザナキは「私の体には成長しすぎた所が1ヶ所ある。私の成長しすぎた所であなたの成長していない所を挿し塞いで国土を生みましょう。」と言い、二人は交わる。太い神柱の反対側にそれぞれ立ち、お互いに一周して出会ったところで交わりをはじめた。その結果、大八島を構成する島々を生み出して行き、次に神々をも生み出していった。最後に生まれた火の神・カグツチ(火之夜藝速男神、火之迦具土神)が生まれたとき、カグツチが放つ火によってイザナミの陰部が焼かれイザナミは黄泉の国に旅立ってしまう。これを悲しんだイザナギは黄泉の国までイザナミを追って行くが、イザナミは閉じこもったままでなかなか外に出てこない。しびれを切らしたイザナキが隠れて中を覗くと、そこにいたのはかつての美しいイザナミではなく、ウジがたかったふはいした体に八柱の雷神がとりまく変わり果てた姿だった。これに驚いたイザナキは逃げたが、イザナミと黄泉醜女は追った。ついに現世と黄泉の国の堺である黄泉比良坂までたどりつき大岩で塞いで、二人はとうとう別れることになる。イザナキは、黄泉の穢れを清めようと、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原で禊をした。このときも様々な神々が誕生し、左目を洗った時に天照大御神(アマテラスオオミカミ、日の神)が、右目を洗ったときに月読命(ツクヨミノミコト、月の神)が、鼻を洗った時に建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)が生まれ、この三柱にそれぞれ高天原、夜の食国、海原を委任した。この天照大御神は天皇家の祖先であるとされ、現代でもなお存続している。

また天照大御神はその後スサノオとの行き違いから天岩戸に引き篭り、日の神であるアマテラスが隠れたことにより太陽は昇ることがなくなり、世界は闇に包まれた。(岩戸隠れ)困り果てた八百万の神は天安河原に集合して会議をし、数々の儀式によりアマテラスを誘い出そうとした。その中でも一番印象的なのは芸能の女神、日本最古の踊り子であるアメノウズメが胸や陰部をさらけ出しながら踊り、その賑わいにつられてアマテラスは戸を開けた、という逸話だ。

このように、日本神話には以外にも、実に生々しい、普通の人間と相違ない描写が多々存在しているのです。学校の授業ではなかなかこういったことまで知ることはできませんが、こういった観点から勉強して知識を養っていくのも面白いことだと思います。日本書紀は勅撰の正史であり奈良時代に編纂された六国史の一つ、古事記においては712年に完成した、特に神話的要素が多く含まれている最古の歴史書であり、いずれにせよ古代日本の書物なのでこの記述が真実なのかどうかはわかりませんが、けっこう日本の祖先たちはスキモノだったんだなぁ・・というのが素直な感想です。


大人の玩具へ戻る




コスプレ衣装
メイド服
包茎治療
大人のオモチャ
包茎
ED治療
オトナのおもちゃ