日本書紀 大人の玩具 神話伝説

日本書紀 〜六国史の筆頭〜



大人の玩具 TOPへ

日本書紀とは古事記と並ぶ貴重な歴史書であり、勅撰の正史としては日本最古の史料である。古事記と同時代である奈良時代、720年に成立し、舎人親王を中心に編纂された。神代から持統天皇までの治世が天皇中心で記されている。当時国家では国史編纂事業が重要課題として推し進められ、こうした背景から古事記及び日本書紀は編纂された。宮廷における公文書に記されていることは、単なる史実として後世に残るだけでなく宮廷での天皇や氏族など高貴な階級の政治的位置付けを示し、その後の勢力にまで影響を及ぼすものである。そのためこのような重要史書の多くは天皇ないしその時代に勢力を誇っていた有力者が主導権をにぎり編纂事業を進めていたと思われる。逆に言えば中心人物にとって都合の悪いことはたとえ事実であってもねじ曲げられることもあるため、史書をそのまま解釈すると矛盾が生まれることもある。

このような歴史編纂事業は平安時代にも引き継がれ、日本書紀に引き続き『続日本紀』、『日本後紀』、『続日本後紀』、『日本文徳天皇実録』、『日本三代実録』の六つの正史が編纂された。これらを総称して『六国史』と呼ぶ。



大人の玩具 TOPへ戻る





包茎
メイド服
大人のオモチャ
コスプレ衣装
オトナのおもちゃ
包茎治療
ED治療