天照大御神 大人の玩具 神話伝説

天照大御神 〜誕生、そして神々の頂点に〜



大人の玩具TOPへ

天照大御神とは、その名の通り太陽を司る神で、日本神話や古事記・日本書紀に登場する女神である。皇室の祖先(皇祖神)であり、その子孫には初代天皇である神武天皇がいる。(神武天皇が実在したかどうかは定かではない。)

天照大神の産みの親はイザナキという男神。イザナキは世界の最初の神々のうちのひとりで、女神であるイザナミと対をなしていた。二人は交わり島々を生み出し大地を創造し、新たな神々も次々に生み出していった。イザナミが最後に火の神であるカグツチを出産した際、子が放つ火によってイザナミは黄泉の国へ旅立ってしまう。これを悲しんだイザナキは黄泉の国へイザナミを迎えに行くが時すでに遅く、イザナミは変わり果てた姿になっていた。その姿を見たイザナキは恐れおののいて黄泉の国から逃げ帰り、黄泉の国の穢れを清め落とそうと禊をした。左目を洗った時に生まれた神がアマテラスである。他にも右目から月読命(ツクヨミノミコト)、鼻から建速須佐之男命(タケハヤスサノヲノミコト)が生まれている。この三神は三貴神と呼ばれ、イザナキは世界の支配を命じた。アマテラスは日の神として高天原(神々が住まう場所)の支配を許された。

その後アマテラスは葦原中国(人間が住まう地上)を平定し、孫に当たるニニギを降臨させた。(天孫降臨)こうして神の人間界統治→天皇家の神格化の構図が出来上がっていったのである。





大人の玩具




オトナのおもちゃ
ED治療
包茎
メイド服
コスプレ衣装
包茎治療
大人のオモチャ