月読命 大人の玩具 神話伝説

月読命〜ツクヨミノミコト〜



大人の玩具 森羅万象へ

月読命は、天照大御神・建速須佐之男命(タケハヤスサノヲノミコト)とともにイザナキから生まれた、三貴神のうちの一人である。イザナキによって夜の国の支配を命じられるもののあまり活躍はなく、古事記・日本書紀といった歴史書にもあまり登場しない。月の神のイメージは女神だと思うが、性別さえも定かではない。アマテラスは日の神として高天原を統治し、スサノオは海原を支配し、それぞれ大きな活躍やハプニングを引き起こしているが、ツクヨミは静かに夜を照らす月の如く二人、そして世界を見守っていたのかもしれない。

また、アマテラスはツクヨミに、葦原中国の保食神という神のところへ赴くよう命じ、ツクヨミは保食神に会いに行ったが、口からいろいろな物を吐きだしもてなそうとする保食神を汚らわしいと斬ってしまう。これに怒ったアマテラスはツクヨミと会うことをやめ、それから太陽と月は入れ違いに顔を出すようになったということである。


大人の玩具 神話伝説へ





メイド服
包茎治療
大人のオモチャ
ED治療
コスプレ衣装
オトナのおもちゃ
包茎