スサノオノミコト 大人の玩具 神話伝説

建速須佐之男命 〜タケハヤスサノオノミコト〜



大人の玩具 神話伝説TOPへ

スサノヲは、天照大御神(アマテラス)と月読命(ツクヨミノミコト)とともにイザナキから生まれた、三貴神のうちの一人。イザナキは妻・イザナミを黄泉の国まで迎えに行き、変わり果てた妻の姿を見て逃げ帰ってきた。黄泉の国の穢れを清めようと禊をし、鼻を洗った際に生まれたのがスサノオである。スサノオは海原を統治することを命じられ、日の神として高天原を統治するアマテラス・月の神として夜の食国を統治するツクヨミとともに世界の支配を目指した。

スサノオは、母・イザナミのいる所(根の国=黄泉の国)に行きたいとわめいて周囲を困らせた。天地にも大きな被害を与え、高天原へと向かった。アマテラスはスサノオを迎え撃とうとしたが、スサノオは争う気はなかったためその場は治まった。しかしスサノオはその後も高天原で暴れ回ったため、アマテラスは天岩戸に隠れてしまった。日の神であるアマテラスが姿を消したこととともに太陽も顔を出さなくなってしまったため、困った八百万の神たちは相談して様々な策略でアマテラスを天岩戸から誘い出し、スサノオは高天原から追放されてしまった。

その後スサノオは、出雲国に降り立ち、その地を荒らしていたヤマタノオロチ(八岐大蛇、八俣遠呂智)を退治し、危うく食べられそうになっていたクシナダヒメを妻にもらった。そして出雲の須賀の地に宮を建造し、「八雲立つ 出雲八重垣 妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」という有名な句を残した。この句は、スサノオが妻を娶った喜びの気持ちを読んだものである。


大人の玩具 森羅万象TOPへ








大人のオモチャ
メイド服
ED治療
包茎
オトナのおもちゃ
コスプレ衣装
包茎