大国主 大人の玩具 神話伝説

大国主 (オオクニヌシ) 〜葦原中国の平定と国譲り〜



大人の玩具

大国主とは高天原(神々が住まう場所)から葦原中国(地上)に降り立ったスサノオの子、または子孫で、葦原中国の平定にあたっていた。スサノヲは高天原の頂点に立つ天照大御神の弟で、アマテラスとの確執から地に降り立っていた。アマテラスやスサノオは天津神(高天原にいる神、またはかつて高天原にいた神)に分類されるが、大国主は地を統べる神の総称である国津神に分類される。

大国主は何人もの女神との間に多くの子をもうけ、スクナビコナ(一寸法師のモチーフとなっている)とともに葦原中国の平定に努めた。しかしその頃高天原では、葦原中国を支配するのは国津神ではなく天津神であると議論されていた。天津神たちはアマテラスの子孫が葦原中国の王になるのがふさわしいとして、何人かの神を大国主のもとへ派遣したが失敗が続いた。最後にタケミカヅチが派遣されたとき、大国主の二人の息子(事代主とタケミナカタ)は従い、とうとう大国主も国譲りを承諾した。天津神に葦原中国の支配権を譲るかわりに、大国主は自分が住まう宮殿の建設を依頼した。このときの宮殿が後の出雲大社である。

日本書紀に、大国主は「長(とこしへ)に隠れ」という記述があるが、これはつまり大国主の死を意味する。この時代、国を譲る、つまり帝王の座を明け渡すということはただ単に王の権利を放棄するだけでは済まされない。私論だが、アマテラスから一方的に国譲りを宣言され「長に隠れ」させられた大国主にはつい同情してしまう。大国主が怨霊神となって現世に災いをもたらしてもおかしくはない状況だ。だからこそ巨大な社殿を誇る出雲大社を造営して大国主の神格の高さを讃えたのだろう。大国主は今もあの有名な出雲大社に丁重に祭られ、祭神として君臨しているのである。



大人の玩具






包茎治療
メイド服
包茎
大人のオモチャ
ED治療
オトナのおもちゃ
コスプレ衣装